トップ

医師の指示に基づく看護師の医療行為 

医師と看護師は、患者に対して、密な連携をとりながら最適な治療を施します。その中で、医療行為は、医師にだけ権限が与えられています。ただ、看護師も患者のそばに付き添い、医療スタッフの中で最も長い時間を患者と共にしていることになりますので、患者のことは、性格などの人間性も含めて、誰よりも把握しているものでもあります。そのような立場でありながら、患者の変異に手をこまねいて、何ら手を差し伸べることなく見守るだけということは許されるものでもありません。そこで、一定の範囲について、医療行為を施してよいとされる内容について指示を受けます。患者にとっても、治療を受け、その後の経緯についての報告や相談ができるスタッフが、多ければ多いほど安心感があります。また、権限の有無によって、相談内容を区別することも、患者にとっては望ましいことではありません。基本は、患者の回復のための最善の体制が維持されているかどうかが大切になります。所掌範囲を機械的に峻別するだけでなく、患者が何を求めているのかを考えながらの行動が必要となります。

看護士の医療行為に関して 

看護士の医療行為は基本的には認められていませんが、医師の許可、指示が合った場合は出来る事もあります。また、最近看護士に出来る医療行為の範囲が少し広げられました。具体的には、国指定の研修を修了すれば、自身の判断で期間挿管や脱水患者などへの点滴が可能になりました。また、医師の指示があっても出来ないこともあります。内診などは行うことが出来ませんし、静脈注射は許可されていますが、動脈注射は認められておりません。動脈注射は患者への危険性が高いことは当然でありますから、これは診療補助の範疇を超えていると判断されたためです。医師の指示の元に投薬を行うことは出来ますが、調剤や処方は、薬剤師、医師の業務の範疇なので、超えて行う事はできません。また、妊婦の内診も看護士は行うことができません。妊婦の内診は助産行為に値するので、厚生労働省に認められていないのです。しかし、この決まりは長いこと守られていないのが実情です。

看護士の医療行為に関する情報

新着情報

他の情報

© Copyright 医師と看護士の業務住み分けとは. All rights reserved.